電話番号045-544-2139

横浜市港北区新羽町1686-1
ユーム・ニューウイング302号

都営地下鉄新羽駅徒歩0分

大腸内視鏡検査

HOME»  大腸内視鏡検査
鎮静剤を使用した大腸内視鏡検査を受けたい方はここを参考にして下さい。

大腸内視鏡検査

従来日本では胃がんが多かったのですが、最近食生活の欧米化に伴い大腸がんが増加しています。罹患率では男女ともに2位ですが、死亡原因では女性の1位男性の3位です。

大腸がんは、ポリープの一部が癌化するポリープ型と正常粘膜から発生する平坦型陥凹型に分けられます。いずれも早期に発見できれば完治できる可能性が高くなります。年令では40歳代から発生率が増加し60歳でピークを迎えます。大腸がんにかかりますと、血便、下血、下痢と便秘を繰り返す、便が細くなる、腹部膨満感などの症状が出現しますが、初期では症状はほとんどありません。そのため検診で微量な出血を調べる便潜血検査が行われているわけです。しかし直接大腸がんを見つける検査ではありません。そこで大腸内視鏡検査を行うことが必要となります。大腸内視鏡検査は肛門から挿入し盲腸までの大腸を隅々まで直接観察することができます。

当院では精度を上げるため最新の内視鏡機器を使用し静脈麻酔を使用した苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。また検査中および検査後におなかが張らないように炭酸ガス送気システムを使用しています。検査後に患者さんから話を聞くとおなかの張りはほとんど気にならないとおっしゃいます。また検査後の内視鏡は内視鏡洗浄装置を用いて洗浄・消毒を行い内視鏡介在感染を防止します。

大腸ポリープ切除

大腸の内側からポリープや早期がんを切りとる方法です。当院では大腸内視鏡検査の時、大腸ポリープや早期大腸がんを発見したときには、その場でポリープ切除を行っています。検査後帰宅していただくので、いわゆる日帰り手術です。大腸の粘膜には痛みを感じる神経がありませんので、切除するときに通常痛みはありません。またポリープの茎が太い時には留置スネアーで茎の部分をしばり安全に切除しています。

内視鏡的粘膜切除(EMR)

平坦型や陥凹型のポリープや早期大腸がんを確実に切除するための方法です。大腸の粘膜の下に生理食塩水を注入してポリープのある粘膜を持ち上げて電流を流し焼き切ります。

前処置(モビプレップ)

最近ではいろいろな種類の洗浄液が開発改善されてきており、中でも[「モビプレップ」と言う洗浄液は飲む量も少なく、味も良くなり、試されたほとんどの患者さんに好評です。
飲み方は下記の洗腸液を見て下さい。

検査前の注意点

検査の前日
  • * 夜9時までに食事はすませてください。
  • * 海藻類や、豆類、小さな種のあるもの、きのこ、こんにゃくなどや繊維質なものは3日前から食べないでください。
  • * 普段から下剤を服用している方はいつも通りのんでください。夜8時にアローゼン0.5g 2包をコップ1杯以上の水でお飲みください。
検査当日

※ 起床時にコップ2~3杯の水分をお飲みください。

食事 食事はいっさい取らないでください。
来院時まで透明な水分は飲んでもかまいません。
水分の注意事項=
○ 飲んで良い物: 水、お茶、麦茶
× ダメなもの: 色の濃いもの(コーヒー、ジュース、牛乳など)
※ 高血圧や心臓の薬で朝、お飲みのものは、当日水でいつも通り服用してください。
(それ以外の薬は飲まないでください
※ 血液を固まりにくくする薬は、医師の指示に従い、一定期間中止してください。
※ 糖尿病の薬は、当日の朝は飲まないでください。注射もしないでください。
洗腸液 朝8時からモビプレップを2時間で1.5Lまで飲んでください。
ノドが渇いたり、味に飽きたら途中でお水を飲んでも構いません。
飲んだ後、安静にしていると洗腸液の効果が出にくくなるので、体操や掃除など身体を動かしたり、便意が無くてもトイレに行き、腸の動きを促してください。
75歳以上の患者さんは、最低でも1.2Lまでは飲んでください。
洗腸液を飲み終わったら水分補給としてお水を750ml以上服用してください。
こちらの冊子を参考にしてください。
(高齢者の方はこちらの冊子をご参照ください。)
車、バイク
自転車
検査の為に注射薬を使用します。
その薬の影響が残るため、ご自分で運転してのご来院はおやめください。
貴金属類 アクセサリー・指輪などの貴重品は外してご来院ください。
入れ歯、時計は検査の前に外していただきます。

≪注意≫

  • * ポリープを取る場合がありますので、検査後1週間はゴルフ・スポーツ・旅行・飲酒の予定は避けてください。お腹に力がかかるような動作・入浴も避けてください。
  • * 吐いた、冷や汗、強い腹痛、洗腸液を飲んで12時頃までに一度も便が出ない、などの症状がありましたら、服用を中止して、当院までご連絡ください。
  • * 予約の変更・キャンセルの際は診療時間内に早めにご連絡ください。