電話番号045-544-2139

横浜市港北区新羽町1686-1
ユーム・ニューウイング302号

都営地下鉄新羽駅徒歩0分

胃内視鏡検査(経口・経鼻)

HOME»  胃内視鏡検査(経口・経鼻)
 内視鏡検査に「苦しい」「辛い」というイメージはありませんか。
当院では患者様の状態に応じて苦痛の少ない検査をご提案しております。経鼻内視鏡検査や皆さんが麻酔と言うところの鎮静剤を使用し寝ていただいて口から検査を行うこともできます。鎮静剤を使用した後は30-60分ほど休んだ後、帰宅していただきます(車は運転できませ ん)。なかには検査中寝てしまい検査したことすらおぼえていない人もいますし、ボーとして検査を見ている人もいます。検査が怖いと感じる人にはおすすめです。もちろん起きたままの状態で経口内視鏡を受ける方もいます。

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは

カメラの付いた細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。
気持ちを楽にして検査を受けてください。

経口内視鏡はこちら>>

経鼻内視鏡検査のメリット

1. 苦しくない
  • 挿入時につらくない
  • 吐き気や息苦しさがない
  • 心拍数・血圧の変動が少ない
2. 検査中に会話ができる
  • 検査中に医師と同じモニター画像を見ることができる
  • 説明を受けながら、不明点や疑問点をその場で確認することができる
3. すぐに日常生活に戻れる
  •  気分が悪くなければ、車の運転・仕事・家事などがすぐに可能
  •  30~60分後には飲食が可能

検査前の注意点

検査の前日
  • 夕食は午後9時頃までに済ませてください。
  • アルコールは控えめに。
  • 早めに就寝しましょう。
検査当日の朝
  • 朝食は摂らないでください。
  • 歯磨き、少量の飲水は結構です。
  • ガードルやコルセットをつけている場合、検査前に外しておきましょう。

検査当日の流れ

受付

問診
  • 予約時間の20分前には病院に着くようにし、受付を済ませます。
  • 安全に検査を行うため、事前に以下のようなことをおたずねします。
  • 薬のアレルギーはありますか?
  • 血が止まりにくいことはありますか?
  • 耳鼻咽喉科で鼻が悪いと言われたことはありますか?
  • 鼻血はよく出ますか?
  • 血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?
  • 肝臓が悪いと言われたことはありますか?
前処置

1. 消泡剤を飲みます。

胃の中をきれいにします。

次へ

2. 通りの良い鼻を決めていただき、血管収縮薬をスプレーします。

鼻の粘膜の腫れや充血を取り、内視鏡の通りがよくなります。

次へ

3. 鼻腔に麻酔を行います。

局所麻酔なので眠くなりません。

次へ

(麻酔薬を塗った細くて軟らかいチューブを鼻から挿入します。)

鼻の痛みを防ぎ、内視鏡の通りをスムーズにします。

次へ

内視鏡
挿入

4. 鼻から内視鏡を挿入し、十分に観察します。

検査は5~10分程度です。

次へ

検査後

5. 検査結果や治療についての話を聞きます。

すぐに帰宅できます。

経口内視鏡検査

経口内視鏡検査とは

口から行う胃カメラ(通常内視鏡)は、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から行う胃カメラ(通常内視鏡)は、経鼻内視鏡と比べると太く、喉の違和感もあり、検査中も話す事が出来ないというデメリットもありますが、画像解像度において経鼻内視鏡より優れています。

経口内視鏡検査の流れ

前処置
検査の前処置を行います。

1.最初に約80mlの液体を飲んでいただきます。

胃の中の泡や粘液をとるためにガスコンドロップ、プロナーゼ、炭酸水素ナトリウムを水80mlに溶いたものを飲んでいただきます。

次へ

2.ゼリー状の麻酔薬を5分間 口の奥に含んで、のどの奥の麻酔をします。

このときなるべく奥にためておくことが重要です。これにより胃カメラを飲み込んで「おえ-」とならないようにします。。

次へ

3.胃の動きを一時的に止めるためにブスコパンもしくはグルカゴンを肩に注射します。

また胃の中にミントの薬を撒くことで胃の動きを止めることもできます。
胃の動きを止めることで、胃の中を十分に観察することができます。

次へ

4.最後にスプレーの麻酔薬でのどの粘膜を追加麻酔します。

次へ

内視鏡
挿入

検査を行います。

5. ベッドに左を下にして横になります。

次へ

6. マウスピースというプラスチックの器具を口にくわえます。

くちびるでくわえる感じです。
強くかみすぎると歯やあごを痛めますので気をつけます。

次へ

7. 胃カメラを入れます。

カメラがのどの奥にきたら、医師の指示にしたがって飲み込みます。
このときあめ玉を飲み込むように自分から積極的に「ゴクリ」と飲み込みます。
口を開けた状態ですので少し難しいです。

次へ

8. 口から食道、胃、十二指腸へカメラを入れて、胃の中を観察します。

このとき必要があれば生検を行います。
食道、胃あるいは十二指腸の粘膜の一部を生検鉗子という器具で採取し、顕微鏡で調べる検査です。

検査後
検査終了後つぎのようなことに注意して下さい。

・経口内視鏡ではのどの麻酔が切れるまでに30分から40分かかります。

・生検を行ったときは、しばらくの間お酒・刺激物は中止です。

・なるべく検査の日は自動車で来院しないで下さい。

・検査を受けた後は目がちかちかして運転がおぼつきません。