電話番号045-544-2139

横浜市港北区新羽町1686-1
ユーム・ニューウイング302号

都営地下鉄新羽駅徒歩0分

外科

HOME»  外科

外科

外傷の治療、小外科などを行っております。

◆適応症例◆
おできしこり粉瘤の切開治療、 摘出術、 巻爪傷口縫合熱傷

おでき

おできは皮膚の毛穴や、毛根を包んでいる袋状の上皮組織である毛のうにブドウ球菌が入り込み、毛穴が化膿や炎症をおこしたもので、全身どこにでもできます。外用薬による塗り薬の処方をおこなっておりますが、化膿がひどい場合には切開することもあります。

しこり

触ると皮膚の下に少し固いものができていて違和感を感じるといった場合はしこりの可能性がございます。良性のものがほとんどですが悪性のものもあります。自分の体でしこりを感じましたら、一度医師の診察をうけてください。

粉瘤(ふんりゅう)の切開治療

粉瘤は、皮膚の下にできる良性腫瘍ですが、治療が必要となる場合があります。 最初は小さくても大きくなったり、炎症を起こし、症状として痛みがでることがあります。炎症のある粉瘤は切開をするケースが多いです。当院でも粉瘤の切開を行っております。

巻爪

巻爪とは通常足の指に発生し、爪が強く内側に湾曲し爪下の皮膚を巻き込み変形していきます。放っておくと爪が皮膚に食い込んでいき化膿する場合がありますので、痛みなどの症状がある場合は外科的治療が必要です。

傷口縫合

怪我をしてしまい傷口ができてしまうことがあります。場合によっては傷口を局所麻酔しながら、縫合する必要があります。

熱傷

熱傷(やけど)とは高温により皮膚がダメージを負い、皮膚が持っている防衛機能が失われてしまった状態です。熱傷により、発赤、水ぶくれ、痛みといった症状があらわれます。熱傷の場合は応急処置としてすぐに冷やして、医療機関で診察を受けてください。